MENUCLOSE
KC会員について メールマガジン
お問い合わせ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

コラム

Column
ホーム > コラム > 今週の数字クイズ(10月15日)

今週の数字クイズ(10月15日)

経営のお役立ち情報
2021.10.14

次の数字はそれぞれ何を表す数字でしょう。

 

(1)200億ユーロ(約2兆6千億円))
ヒント:今週の日経新聞の数字(12)、企業が負担する法人税に関連する数字です。

 

(2)0.6%
ヒント:今週の日経新聞の数字(19)、温暖化ガス排出枠の取引、EVに関連する数字です。

 

(3)68.5%
ヒント:今週の日経新聞の数字(24)、首都圏マンション購入者に占める共働きの世帯の割合に関連する数字です。

 

※答えは来週のKCクラブで配信します。

 

<先週の回答>

先週の問題は、
(1)0.84
(2)2億9296万枚
(3)61.8歳
でした。

 

下記、先週のクイズの回答を記載致します。

【回答】

 

(1)韓国の出生率

韓国の出生率は全世界で一番低い0.84です。

経済協力開発機構(OECD)は、女性と男性との間で、家事や育児の負担の差が大きくなればなるほど少子化が進みやすいと発表しています。

日本の女性が家事や育児に割く時間は男性の4.76倍、韓国は4.43倍とのデータがあります。ともに男性の参加時間は女性の2割ほどの計算です。

OECDによると、家事や育児の負担の男女差が2倍以内の国ではおおむね出生率1.5以上を維持しているということです。

 

<主要国出生率>

アメリカ:1.70

中国:1.69

日本:1.36

フランス:1.87

ドイツ:1.54

英国:1.65

イタリア:1.27

※出生率は2019年時のデータ

 

 

(2)カード発行枚数

20年3月末のクレジットカード発行枚数は2億9296万枚で、日本人の成人1人当たり2.8枚保有している状況です。

決済手段は現金から、クレジットカードや電子マネーへと移行しつつあります。

 

2020年の日本の状況をみると、

現金とキャッシュレス決済の比率は

・現金:70.3%

・キャッシュレス決済:29.7%

※経済産業省が調査した、民間最終消費支出(個人消費)における決済の比率。

 

キャッシュレス決済の29.7%の内訳は

  • クレジットカード決済:25.8%
  • デビットカード決済:0.8%
  • 電子マネー決済:2.0%
  • QRコード決済:1.1%

となっています。

 

世界との比較

<キャッシュレス決済の普及が進んでいる国>

韓国:96.4%

イギリス:68.6%

中国:65.8%

 

国内においては、キャッシュレス決済は拡大しているように感じますが、海外と比較してみると日本のキャッシュレス化はまだまだ発展途上にあります。
データから見ても、日本のキャッシュレス決済比率29.7%に対し、海外主要各国の平均的な比率は40~60%と大きく離されています。

コロナウイルス感染症が拡大したことにより、非接触型のキャッシュレス決済を取り入れることは感染防止の観点からも非常に重要になってきています。

また2021年の最新のデータが出た時に、どれだけキャッシュレス決済の比率が増えたか注目していきたいと思います。

 

(3)岸田内閣の平均年齢

10月14日に解散した、岸田内閣の平均年齢は61.8歳でした。

60代が最多の12人、50代が5人、40代と70代が2人ずつという構成で、30代は1人もいませんでした。

 

2021年6月の主要7カ国首脳会議(G7サミット)を見ると、幅広い年齢層の指導者が集まっていました。最年少はフランスのマクロン大統領で43歳。最年長者はバイデン米大統領の78歳、イタリアのドラギ首相の73歳、そして、当時日本の首相であった菅義偉首相の72歳と続いていました。

 

2000年以降に就任した主な先進国の首脳の平均年齢を算出したデータをみると、日米や韓国は60歳を超えています。英国やドイツ、カナダは50歳代前半、フランスは40歳代です。

首脳の年齢は各国の国会議員の年齢層と相関性があります。

大まかに3つのタイプに分かれ、

①議員の平均年齢が高めでリーダーも高年齢の「日米韓型」

②議員の年齢もリーダーも比較的若年の「英独仏型」

③議員の平均年齢は低いものの、首相は若干高めの「イタリア型」

 

日米は現職の国会議員が当選を重ねるケースが目立ち世代交代が進みにくいため、若い議員が少なく、平均年齢も高くなります。また、米国は地方議員などの公職や弁護士から議員を目指すルートが定着していることもあり、高年齢になりやすい傾向にあります。

 

今後の日本を考えていく中で、もっと若手の議員が活躍できる世の中になってほしいと思います。

若手の議員の誕生には、若い世代(20代、30代)がもっと政治に興味をもち、選挙にいく文化を日本に根付かせる必要があると思います。

 


この記事が気に入ったら
「いいね!」
お問い合わせContact
コンサルティング、セミナーなどのお問い合わせは、
電話番号、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。