MENUCLOSE
KC会員について メールマガジン
お問い合わせ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

コラム

Column
ホーム > コラム > 数字クイズ(10月29日)

数字クイズ(10月29日)

経営のお役立ち情報
2021.10.29

次の数字はそれぞれ何を表す数字でしょう。

 

(1)12.9円

ヒント:今週の日経新聞の数字(25)、発電コストに関連する数字です。

 

(2)4万円/1人当たり 

ヒント:今週の日経新聞の数字(27)、軍事費に関連する数字です。

 

(3)10万9547人

ヒント:今週の日経新聞の数字(30)、就職に関連する数字です。

※答えは来週のKCクラブで配信します。

 

 

<先週の回答>

先週の問題は、
(1)60%以内

(2)生産能力約10%

(3)824万人
でした。

 

下記、先週のクイズの回答を記載致します。

【回答】

 

(1)EUの財政ルール

EUは財政ルールとして、欧州単一通貨ユーロの安定を保護する目的で、EU加盟各国に財政赤字をGDP比3%以下に抑え、公的債務残高の上限をGDP比60%以内とすることを定めている。

コロナ危機でこのルールを22年末まで凍結している。

 

(2)米国の半導体生産能力(シェア率)

IC Insightsが発表した世界の地域・国別半導体生産能力調査の分析結果によると、2020年12月時点でもっともウェハ生産能力を有するのは台湾で、シェアとしては21.4%となるという(所有企業の国籍関係なしに、その地域にある半導体工場の生産能力)。

2位は韓国で、シェアとしては20.4%。3位は15.8%の日本。4位は15.3%で中国。5位が米国で12.6%となっている。

 

 

(3)買い物弱者の数

農林水産省の発表によると、スーパーやコンビニが自宅から遠い上に車を使えず、食品購入に苦労する65歳以上の人が、824万6千人に上るとの全国推計を発表した。この「買い物弱者」は高齢化を映して10年前に比べ21.6%増え、三大都市圏の伸びが目立った。65歳以上の人口に占める割合は24.6%へとやや低下したが、依然として4人に1人が不便を強いられているとの結果となった。

今後は、無人店舗や宅配サービスが拡大が、買い物弱者を救うための切り札として期待されている。

 


この記事が気に入ったら
「いいね!」
お問い合わせContact
コンサルティング、セミナーなどのお問い合わせは、
電話番号、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。