MENUCLOSE
KC会員について メールマガジン
お問い合わせ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

コラム

Column
ホーム > コラム > 数字クイズ(11月26日)

数字クイズ(11月26日)

経営のお役立ち情報
2021.11.26

次の数字はそれぞれ何を表す数字でしょう。

 

(1) 78.9兆円

ヒント:今週の日経新聞の数字(17)、政府の経済対策に関連する数字です。

 

(2) 964社

ヒント:今週の日経新聞の数字(7)、企業の新規上場に関連する数字です。

 

(3) 2017億円

ヒント:今週の日経新聞の数字(27)、日本駐留の米軍に関連する数字です。

 

※答えは来週のKCクラブで配信します。

 

<先週の回答>

先週の問題は、

(1)5634億円    

(2)63%上昇

(3)282万人

です。

 

下記、先週のクイズの回答を記載致します。

【回答】

(1)2020年の日本の貿易収支

2020 年の日本の貿易は、輸出額が 68 兆 4,005 億円と前年から 11.1%減少、

輸入額が 67 兆 8,371 億円と前年から 13.7%減少しました。

輸入額の減少が輸出額の減少を上回ったため、貿易収支で見ると 5,634 億円と 3 年ぶりの黒字となりました。

 

国別にみると、輸出、輸入ともに1位が中国、2位が米国となっており、輸出については中国と米国で約4割を占めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

※出典:経済産業省「通商白書2021」

 

(2)川上の素材原料の企業物価上昇率 

日銀が発表した10月の企業物価指数を取引段階別にみると、川上の素原材料は63.0%上昇となっています。

特に、石油・石炭製品や鉄鋼、化学製品、非鉄金属の値上がりが著しく、4品目で指数全体の上昇の7割を占めています。

中間財の上昇率は14.3%、最終財は3.8%と川下に向かうにつれて上昇率は鈍る傾向にあり、消費者に近い製品の上昇率は0%台とどまっています。

 

 

(3)国内で暮らす外国人の数

人手不足の深刻化とともに、政府は外国人労働者の受け入れを拡大してきました。

2021年6月末時点で、国内で暮らす外国人の数は約282万人と日本の人口の約1億2548万人の中で1.7%に相当します。

 

国別にみると、

1位:中国 786,830人 
2位:韓国 435,459人 
3位:ベトナム 420,415人
4位:フィリピン 282,023人
5位:ブラジル 211,178人

と中国人が圧倒的に多い状況です。

※2020年6月時点

 

日本に住んでいるエリア別にみると、

1位:東京都  約56.8万人

2位:愛知県  約27.6万人

3位:大阪府  約25.3万人

4位:神奈川県 約23.5万人

5位:埼玉県  約16.6万人

とほとんどが都市圏であることが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※出典:日経新聞 11月18日(木) 朝刊 3面 総合2 


この記事が気に入ったら
「いいね!」
お問い合わせContact
コンサルティング、セミナーなどのお問い合わせは、
電話番号、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。