MENUCLOSE
KC会員について メールマガジン
お問い合わせ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

理論だけではなく
実態・現場に寄り添った支援

コンサルタント
吉田 智之 Tomoyuki Yoshida
PMI/PMO 経営戦略・実行 M&A 財務計画・分析

経歴プロフィール

青山学院大学経済学部経済学科卒
外資系総合商社へ入社し、富裕層をメインとした高級車の販売及び管理業務に従事。また、人材紹介会社にて事業部再建及び新規事業の立ち上げに参画。その後、経営資源である「ヒト」の最大化を追求したく人事コンサルティング会社へ転職。上場企業から個人商店まで、業種を問わず経営全般や組織戦略、組織再編、人事制度、採用、労務管理など幅広く携わる。その中で後継者不足による事業承継問題に直面し、社会課題を解決したく事業承継を支援する投資法人セレンディップ・コンサルティング株式会社(現:セレンディップ・ホールディング株式会社)へ入社。企業投資及びPMI(Post Merger Integration)業務を行い、また投資先企業の取締役として会社経営の執行を行う。
現在は、小宮コンサルタンツのコンサルタントとして、お客様が「最高の会社」になるための支援を多岐にわたり携わっている。

担当分野
戦略策定支援・実行支援、経営計画策定支援・実行支援、アライアンス/M&A(PMI含む)実行支援、PMO支援、事業再生⽀援、ベンチャー支援、人事領域全般 等

コンサルティングストーリー

“自分で決断し、責任を取る”

 

コンサルタントという仕事は、お客様の課題を解決するために外部から支援するのがセオリーですが、投資法人で、投資先へ常駐し経営における業務執行やプロジェクトマネジメントを行ったことが、私にとって大きな財産になっています。

なにしろ、それまで組織の一員もしくはコンサルタントとしての経験しかなく、また、初めて経営に関わる実務を経験したので、辛い時や苦しい時もありました。具体的には、経営改善における大量の業務やタフなネゴシエーション、社員さんのモチベーション向上などを絶えずやり続けていかなければならず、正直逃げ出したい時も何度もありましたが、プロジェクトが推進するごとに、変化していく会社の雰囲気を肌で感じることが、この仕事の醍醐味です。

 

最初は失敗や現場と衝突する日々でしたが、携わる多くの方々からの学びとPDCAを繰り返し行える場を与えて頂いたこともあり、赤字が大きかった会社を黒字にして、一緒に働いていた人たちから「会社が変わった」という言葉をもらったり、成長した社員さんの姿を見たりした経験は、私にとって励みであり財産にもなりました。

 

多くの会社の経営を執行し確信したことは、テクノロジーが発展した現在でも「会社は人でしか成り立たない」という事です。デジタルで業務の効率化は出来ても、人の行動変容を良い方向へ導くことは出来ません。一つひとつプロジェクトを推進することで、自分が変わって、会社を少しずつ変えていき、結果的に会社がよくなっていく。その中で一緒に周りで変わっていってくれる人がいたら、とても嬉しいと感じております。

人柄について

前職の投資法人の代表とCFOと。ここでの出会いや仕事が、自分にとって大きな財産になりました

楽観的です。

仕事もプライベートもですが、楽観的です。理由は単純で、ネガティブに物事を考えていると、その方向に物事が流れていくような気がすることと、悲観的な思いで仕事をしても楽しくないので、何事にも置かれた状況を全力で楽しむことにしてます。個人的には、“ただの気楽な脳天気”ということではないと思っておりますが(笑 

実は、この“楽観的”ですが、一人では発揮されず、逆に悲観的(慎重派)の方と組むと、効果を発揮すると思っており、これは、楽観的同士で仕事をするよりも、悲観的な上司や部下と組んで仕事をすると、丁度よいバランスで仕事を進めることができると判明し、結果、妻も悲観的な性格であるが故、順調な婚姻関係を継続しているのだと思っております。

現場好きです。

コンサルタントとして、経営者さまや経営幹部とディスカッションすることは当然ですが、現場の方々と試行錯誤し、物事を解決することが一番好きです。特に現場は、他愛もない話から業務改善のヒントがあったり、新しいビジネスの種をもらったり、組織内の人間関係を聞いたりと、実は経営者や役員も知らない、かつ確度の高い真実が“現場”に転がっています。

これは、仕事以外でも活用しており、例えば旅行先でのご飯屋さんや観光スポットも、観光雑誌には書いていないローカル情報をホテルのフロントの方やルームキーパの方からお話をいただき、お得で美味しい地場グルメを堪能しております。

お問い合わせContact
コンサルティング、セミナーなどのお問い合わせは、
電話番号、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。