MENUCLOSE
KC会員について メールマガジン
お問い合わせ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

M&A

Consulting
KCのM&A支援は、「会社の方向付け」がまずありきです。
会社の方向付けを分からずして、M&Aだけの実行支援を行うスタンスにはありません。
M&Aはあくまで経営の実践におけるツールです。ただそのツールの威力はとても大きく、そのため社会貢献につながる可能性も非常に大きいです。少子高齢化は経営者にも及んでおり、今の日本社会において経営の継続は必須の社会的な課題です。このような後継者問題を解決するためにも、KCとして社会貢献と言う意味を含めてM&Aの支援を実践しています。
KCがM&A支援に関わらせていただく場合には、そのM&Aが会社の方向付けと適合しているのかという観点で検討を開始します。1番多い関わり方としては、お客様(会社様)のコンサルティングを行っている過程でM&Aの検討案件が発生する場合です。この場合にはM&Aの方向付け、デューデリジェンスやバリエーションも含めて、契約交渉支援なども提携先の弁護士事務所と共に行うなど総合的な支援を致します。
また、M&Aの成立後においてはPMIの支援ということでPMIを行う人材の育成面も含めて関わらせていただくこともあります。

こんな課題を解決します。

  • 会社の将来において既存事業だけでは不安がある
  • 新規事業を始めたいが、何をしてよいか分からない
  • 既存事業の拡大を図りたいが、思うように進まない(人材不足、拠点不足、ノウハウ不足など)
  • 新規事業を始めるための人材がいない
  • チーム一体を組織に取り組んで、経営を加速させたい
  • 会社の方向付けとして、イノベーションを必要としている

M&Aの手順

Step 01
会社全体の方向付け
KCの支援において、M&Aだけの独立した支援はありません。まずは会社全体の方向付けを考え、その中でM&Aの必要性があれば検討を致します。
Step 02
M&Aの必要性の検討
現事業の拡大や、新規事業において、自社のリソース(経営資源)で実現できることか、M&Aで取得すべきかを検討します。どのような会社、どのような条件であればM&Aでやるべきかというポイントを明確にしていきます。
Step 03
財務バランスの確認
M&Aはやみくもにやればいいわけではありません。戦略的合成と、財務バランスがとても大切です。M&Aによって、手元流動性や自己資本比率などを考慮し、財務規律に抵触する場合にはM&Aをやらないという選択肢を常にも持っておく必要があります。
Step 04
M&Aの実行支援
外部ネットワーク先や独自のルートからのM&A案件のご紹介を致します。
事前の調査や、企業価値算定、契約交渉と締結実務まで一貫してサポート致します。
Step 05
M&A成立後のPMI支援
M&A成立後、PMI支援については貴社グループになった会社として、新たに会社の方向付けをして支援をしていく必要があります。
ビジョン・理念の策定と、経営計画策定、そのPDCAの一連の流れに精通したコンサルタントが、M&A後のPMIお支援します。

M&Aの特徴

会社の方向付けとしてのM&A支援のイメージ
会社の方向付けとしてのM&A支援
入り口の段階で経営のコンサルティングを行っており、そこがスタートとなっているということがKCのM&A支援の特徴です。
会社の方向付けとM&Aの内容の適合性を見ていきます。もちろん合致していなければいけないということではありません。M&Aの検討によって新たな方向付けの視点が見える場合もあります。今まで描いていた方向付けとは違う形で発展的に方向付けが推進する場合もあります。このようなM&Aの検討も言ってみれば経営の実践としてのPDCAの一環でもあります。
良い会社を世の中に増やすためのM&A支援のイメージ
良い会社を世の中に増やすためのM&A支援
外部環境、そして人口構造の問題から考えるとM&Aの案件は今後も増加傾向にあります。この状況を追い風と捉えながら会社の方向付けをさらに推進し発展させていくことが我々の使命と考えています。また、KC会員様や関わる会社様のさらなる発展を実現するために、他の会社と一緒になり形を引き継いでいただくという方向もあります。いずれにしても、会社の方向付けとして適合していることで、世の中に良い会社を増やすための支援であれば、KCは推進していきます。

 

お問い合わせContact
コンサルティング、セミナーなどのお問い合わせは、
電話番号、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。