MENUCLOSE
KC会員について メールマガジン
お問い合わせ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

会社の方向付け(経営戦略)

Consulting
ホーム > サービス > コンサルティング > 会社の方向付け(経営戦略)
経営という仕事には、「会社の方向付け」、「資源の最適配分」、「人を動かす」という3つの要素があります。
会社の方向付けは、会社が現場も将来もどのようにお客様や社会に貢献するか、つまりお客様や社会から選ばれるかということを考えていく仕事です。
会社の内部資源は時間の経過とともに変化します。人は歳をとりますし、経営状態によってお金の面でも増減していきます。
そして設備も、時間の経過とともに老朽化していくことになるでしょう。AIを始めとした新しいテクノロジーも関わってくることになります。そういった内部資源を駆使しながら、変わりゆく外部環境に属するお客様や競合他社を見極め、どのようにお客様から相対的に選ばれるのかということを考え、実践していくことをKCはご支援いたします。

こんな課題を解決します。

  • 会社の5年後、10年後に不安がある。
  • 自社の資源(人材・お金)が最大限活用できるようにしたい。
  • 会社として、今後やるべき事の優先順位を決めたい。
  • 時代の変化に合わせて、事業を見直したい。
  • 働く従業員がワクワクするビジョンを描きたい。

会社の方向付け(経営戦略)の手順

Step01
ヒアリング
経営者や社員の方の考え方、理念をヒアリングします。一番重要な事は、どのような会社にしていきたいかという「想い」だからです。
Step02
外部環境分析
外部環境分析については、一般的な外部環境に関する情報収集はもちろんのこと、お客様が競合他社と自社の商品サービスをどのように比較して選んでいるのかを、Q・P・Sに基づいて分析を行います。
Step03
内部環境分析
内部環境分析では、会社内部のヒト・モノ・カネの状態を整理していきます。会社が商品サービスを生み出すのはヒト・モノ・カネの組み合わせによる強みの創出であるためです。通り一遍の内部環境分析ではなく、それらの何がお客様から選ばれる商品サービスを生み出すことに貢献してるのかを中心に分析していきます。
Step04
将来のQ・P・Sの分析
内部環境分析の結果をふまえ、何を高めていくことで「今」選ばれやすいのか、そして「将来」においてどのようなQ・P・S、商品やサービスによってお客様に貢献をしていくのかということを分析していきます。
Step05
ビジョンへの落とし込み
5年後10年後における会社の将来ビジョンに落とし込みます。
会社の将来ビジョンは社員の皆さんに表現するシンプルなものはもちろんのこと、
「どこで、誰に、何をするのか」という方向付け、何によって選ばれるのかというQ・P・Sの観点、そしてそれを実現させる具体的なヒト・モノ・カネの状態も含めて具体的に整理をしていきます。

KCの会社の方向付け(経営戦略)の特徴

経営の原理原則に基づきご支援致します。のイメージ
経営の原理原則に基づき、ご支援いたします。
KCのコンサルタントは、お客様第一に基づいた「経営の原理原則」を軸に、お客様をご支援いたします。「お客様第一」は、会社の方向付けを考える上でも欠かせない考え方です。
KCが会社の方向付け支援をする際は、この「お客様第一」という考えに何度も立ち返り、お客様の商品やサービスのQ・P・Sの分析を行います。
戦略立案だけでなく、その後の実践支援も致します。のイメージ
戦略立案だけでなく、その後の実践支援もいたします。
戦略は考えるだけでは意味がありません。それを実践してこそ、お客様、社会へ貢献できます。一度考えた会社の方向付けが、100%実現するわけではありません。しかしながら、KCの考える枠組みに基づいて、「お客様第一」という軸をぶらさなければ、実践を繰り返していくことで適切なPDCAが実現できます。KCは戦略の立案だけでなく、その実践までをご支援いたします。
PDCAを回し軌道修正も致します。のイメージ
PDCAを回し、軌道修正もいたします。
会社の方向付けも、結局は仮説です。仮説である以上、検証しながら軌道修正をしていくのは当たり前のことです。そのためKCの会社の方向付け支援は、資源の最適配分も内包した経営の実践と、仮説検証のサイクルを回していくPDCAの両輪によって成り立っています。KCのコンサルタントは、そのPDCAのご支援も含めて現実的に戦略を実践し、世の中からの結果を受けながら戦略を軌道修正していくというご支援も行っています。

お客様の声

 

お問い合わせContact
コンサルティング、セミナーなどのお問い合わせは、
電話番号、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。