MENUCLOSE
KC会員について メールマガジン
お問い合わせ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

経営コンサルティングの株式会社小宮コンサルタンツ

お客様の声

User's Voice
ホーム > お客様の声 > アンビシャス株式会社
業種:税務・財務コンサルティング業
アンビシャス株式会社
代表取締役 入口 純子様

お客様の声インタビュー

コンサルティング導入による具体的な効果はどのようなことがありましたか?
人事評価制度構築によって、各人の期待役割、達成すべき成果、成果を生み出すために必要な行動・能力が、従来以上に明確になりました。そして、より明確な目的意識で仕事に取り組むことによって、各人のパフォーマンス、マネジメントの精度、経営計画の達成確率が高まりました。また、人事評価制度という組織インフラを整備することに加えて、社外の第三者が客観視した自社の現状の示唆を受けることは、自社の方向付けにとって大きなプラスになると考えます。自社もクライアント企業様を方向付けするのが役割であり、その視点を自社に活用することができますが「自社が気づかない自社」はどうしてもあります。優秀なコーチほど、「コーチ自身のコーチ」をつけようとすると聞くことがありますが、それに通じます。
KCに依頼して良かったと感じる点は何ですか?
経営から現場の個別論まで、一気通貫で見てもらえることは大きなメリットだと感じます。最も大きくて抽象的なテーマである「会社の方向付け」から、人材育成の各論の実行までご対応いただいています。例えば、個人の人事評価面談の同席も依頼しています。経営の原理原則に基づいて判断するという価値観が自社の基本スタンスと共通していることも、安心できますね。
人事評価制度構築を進めるにあたって、最も懸念されたこと(導入の障害になると思われたこと)は、どのようなことでしたか?
自社では、各人の裁量で新進気鋭に事業に取り組むことを風土としてきました。評価や処遇への反映ルールを仕組みとして規定していくことで、そうした文化や行動が損なわれるのではないかという心配はありました。しかし実際には、むしろそれらが強化されているように感じます。自社が大切にしたいと考える理念やクライアント企業様への関わり方について、言語化し、浸透させるツールとなることで、自社の風土を高める方向にも機能しているためです。
そもそも人事評価制度は必要でしょうか?売上実績だけを見て処遇すれば、最もシンプルで評価の手間もかかりませんが。
そういう考え方で人事の諸制度を簡略化する会社があるのも知っていますが、私はやはり必要だと思います。自社は良い会社を増やすことを事業の目的にしています。良い会社を増やすには、まず自社がより良くなっていくことが必要です。自社がより良くなるには、社員の成長が必要。各人の成長につながる目標や取り組みを定義し、日々実行し、結果を振り返るPDCAが不可欠です。人事評価制度は、その一翼を担う有効なツールだと考えます。

担当コンサルタントについてのコメント

担当コンサルタント名
藤本 正雄

自社では数年前から人事評価制度の整備を進めています。今までは社員の評価・処遇について、その都度経営判断で決めてきましたが、組織が拡大してきたため、一定の仕組みが必要だと感じていました。藤本さんからアドバイスをいただきながらプロジェクトを進め、人事評価に関する一般論と、自社の環境に合わせた個別論を考えることで、自社に合った仕組みが出来上がってきています。自社の経営戦略と人材戦略がうまく整合できているのを感じますので、これから会社の発展が加速しそうです。

提供コンサルティング分野
人事評価制度の構築、組織目標・個人目標の策定、・キャリア面談・人事評価面談の同席
お問い合わせContact
コンサルティング、セミナーなどのお問い合わせは、
電話番号、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。